換金率が重要 | 今月ピンチ!そんな状況に役立つカードで現金をつくる方法

換金率が重要

「換金率が重要」のイメージ画像です。

お金が必要な時は、クレジットカードを利用して換金するという手段があります。カードを用いて物品の購入手続きを行い、換金をする訳です。
その仕組みですが、まずはクレジットカードで物品の購入手続きを行います。ゲーム機やブランド物の商品など色々選択肢はあるのですが、いずれかの商品を買う訳です。もちろんそのためには、クレジットカーどのショッピング枠を使用する事になります。
購入手続きが完了すれば、もちろん商品が手元に来る訳です。その買取などを行い、換金をするという流れになります。
しかしカード会社としては、上記のような手続きを禁止している事もあるのです。ですから基本的には、現金化の業者を経由して手続きを行う方が、無難な傾向があります。
ところでクレジットカードの現金化を利用するなら、換金率が1つのポイントになるのです。換金率はパーセンテージで表現されています。88%や91%など色々な数字がある訳ですが、後者の91の方が多くの現金が入金される事になります。
そのパーセンテージは、業者によって数字が異なる訳です。80%台の業者もあれば、90%以上に設定されている業者など、それこそ色々あります。
また現金化の早さも、上記のパーセントには関わってきます。即日入金を希望するなら80%台になりますが、数日後の入金でも問題ないなら、90%台といった具合です。換金率がどのような数字になるかも、それこそ状況次第なのです。一般的には早い入金を行ってもらう時には、パーセンテージはやや低めになる傾向があります。